そばこもぐもぐ。

雑食の雑文です。

ボイメン研究生のダイマブログ〜11/23@BM THEATERライブに向けて〜

全然タイトル思いつかなかった…

こういう時自分のセンスのなさに心底ガッカリしますよね…。まぁでもしゃーない、センスないのなんて前世から決まってたことだし!今回はボイメン研究生のダイマに初挑戦します。基本推しのことで精一杯でグループのことをどこまでちゃんと書けるかなとか不安は残しつつ、でもボイメン研究生はとにかくグループとして最高に魅力あふれる6人組なので、お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

ターゲット別このブログの楽しみ方。

①ボイメン研究生を初めて知った(名前は知ってるけどよくは知らない)方へ

いらっしゃいませ、ボイメン研究生ワールドへ…。このエントリはまさにあなたみたいな方に向けて書きました…。他のグループを応援されている方でしょうか、それともお友達がRTとかしてくれてたまたま見てくださった方でしょうか…。いずれにしても、このエントリを読んでくださって、ボイメン研究生に出会ってくださって(?)ありがとうございます。初めての方がボイメン研究生を知ってくださることがこのエントリの最大の目的なので、どうぞさらーっと読んでいただき、お気に入りにのメンバーがいたら、ブログを見てみたり、ライブに足を運んでみたり、公式Twitterフォローしたり、ライブに足を運んでみたりしてくださったら嬉しいです…!

 

②ボイメン研究生のオタクの方へ

いつも読んでくださる方、たまたまボイメン研究生で検索したらこのエントリに出会ってくださった方。きっと気持ち的に晴れやかな方よりも、ぐっといろんな思いを抱えて、それでも応援しよう、したいと思ってくださる方が多いのではないかと思います。もう一人一人の所に行ってがっしり握手したいくらいですけど、それは難しいので11月23日まで頑張って生きましょう…。

 

尚、このエントリに貼ってある画像は一応調べた限り著作権及び肖像権をクリアしている範囲のものですので(画像の内容についても後述してます)、画像保存してハマりそうなお友達に送ってくださってもモウマンタイですし、…まぁ好きに使ってください!w(他に使用方法思いつかなかった)でもわかってるかとは思いますが、商用目的には使えません!なにかのアフィリエイトとか広告に使おうもんなら使ったあなたが訴えられますのでお気をつけて…!とにもかくにも、とにかく広がれボイメン研究生の輪!!!!!!!!!

 

まずはグループ紹介から。

ボイメン研究生はBOYS AND MENという名古屋を拠点に全国展開しているパフォーマンスグループの弟分です。名古屋の町おこしお兄さんというキャッチを持つグループの弟分なだけに、歌や踊りだけでなく、地域のイベントに出たり、名古屋を盛り上げる為に様々なパフォーマンス形態で魅せてくれるグループです。元々は主に13人で活動していましたが、今は祭nine.というグループ7人、ボイメン研究生に6人、所属して活動をしています。

今年の5月には和田アキ子さんとコラボCDを出させていただき、オリコン2位を獲得。先日も和田アキ子さんの50周年の記念フェスに出演させていただくなど、本当に2017年始めの頃には想像していなかった景色をたくさん魅せてくれています。絶賛成長中、まさに今知っておいて損はないグループなのです…!

 

ボイメン研究生メンバー紹介ー!!

さぁ、ここらへんで「へーーーじゃあどんな人がいるのかしら…?」って思ったそこのあなた!いらっしゃいませ!!いらっしゃいませーー!!!

 

可愛いは正義!でも本人はゴリゴリのロック好き!!振り幅広い天使の笑顔、緑担当中原聡太くん!!!

f:id:moatjiang88:20181102212053j:plain

 

ダンス大好き!でもお米はもっと好き!!照れ屋で人情味溢れるダンスリーダー青色担当北川せつらくん!!!

f:id:moatjiang88:20181102212115j:plain

 

ボイメン研究生随一の歌唱力と誰も傷つけずに盛り上げる仕切りは天下一品!紫色担当米谷恭輔くん!!!

f:id:moatjiang88:20181102212138j:plain

 

あと2cmで八頭身!スタイル抜群、最年少なのに毒舌も抜群!!地道な努力も忘れないピンク担当三隅一輝くん!!!

f:id:moatjiang88:20181102213643j:plain

 

年上からは愛され、年下からは慕われる天性の人たらし!彼の煽りがないとボイメン研究生のライブははじまらない!!赤色担当松岡拳紀介くん!!!

f:id:moatjiang88:20181102213659j:plain

 

メンバー愛する気持ちはオタクにも負けない!表情豊かなダンスとクリエイティブなスキルの持ち主黄色担当佐藤匠くん!!!

f:id:moatjiang88:20181102203223j:plain

 

6人6様の魅力溢れるボイメン研究生…!気になるメンバーいましたでしょうか…!?きっといるはず…!それぞれが最高に可愛くてカッコいいボイメン研究生、それだけじゃないんです…!!!

 

ボイメン研究生の魅力は、ライブでこそ発揮される(ドォォン!)

この6人の魅力が一番発揮されるのは、なんといってもライブ。とにかく楽しい。本当に楽しい!!毎回2時間弱のライブがあっという間に過ぎていく。歌もダンスも一所懸命、コールの煽りもハンパない…!とにかく楽しいライブが好きな方は来てみて絶対に損はないです(断言)

で、トークパートになっても面白い。変に誰かに無茶振りとかしないし、落とし込むようなこともせずにちゃんと場を盛り上げて、面白くするっていうのを20歳そこそこのグループがするって簡単じゃないと思うんですけど、「え、彼ら人間何周目?」っていうくらいのトーク力があります。フリートークが上手いから、サラッと話すライブのつなぎの時間でさえ楽しい。結論ずっと楽しい(何回楽しいっていうんだよ)。

 

ボイメン研究生、気になりました?ライブ、来てみたくなりました?ありますライブ。11月23日@名古屋で。

そうなんです、大事なライブがあります、11月23日に。実はボイメン研究生、11月末に6人体制になって3枚目(和田アキ子さんとのコラボCDは除く)のCDを出すんですが、11月23日のライブチケットが完売しないと、このCDが最後のCDになっちゃうんです…(嗚咽)

いや別にCD出すだけがグループ活動じゃないかもしれませんけど、CDが一生出せないってグループとしてどうなんだ感はハンパないじゃないですか…。その条件が発表された時のメンバーの表情の固まり方がもう…もう…!(号泣)


BMKニューシングル発売の条件とは…!

10月28日からチケ発が始まって、一日で一度予定枚数は終了したんですが、10月末に復活されてまだチケットが買える状態…。ということは現時点ではまだミッションが達成できてないということになります…。

こんな条件出されても、必死にそれをクリアしようと奮闘しているメンバーに、次の景色を見てもらいたい、私みたいな一人のオタクなんぞにできることは限られてますが、どうかどうか興味持った方は11月23日のライブに来てください…!

それぞれのメンバーが11月23日のライブに向けて所信表明してるブログがこちら。ぜひ、彼らの覚悟を感じて欲しい…!!

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

これもまた6人6様です。全く違う表現で同じ方向を向いてるボイメン研究生、やっぱり最高だな…!!

まぁでも正直、こういう条件出されるのも意味わかんないし、企画自体に納得してるかって言われたら1%も納得してない(笑)。だけど、やっぱりボイメン研究生は未来があるグループだと思うし、無限の可能性しかないから、絶対に成功して、未来に繋がって欲しいと思ってます。どんな苦境に立たされても、私達の前では苦しい顔ひとつ見せずに最高のパフォーマンスを魅せてくれるボイメン研究生が報われない世界なんて意味がないと思う程、素敵な6人だから、絶対に絶対に成功して欲しい。

…でも、このライブの週はこのライブが発表されるずっと前からチケ発が始まってるライブや、一年に一度の事務所全体の運動会と重なってる週で、いろんな調整して、それでも23日のライブに行けないってオタクもいるのが現実で。だから、気になってるメンバーがいたら、名古屋に行く都合があったら(そんなんあるのか?)、ぜひ、23日、名古屋のBM THEATERに足を運んで頂けたら嬉しいです。どうかどうか、みなさんの力を貸してください。

んあーーちょっとしんみりしちゃったけどー!超ライブ楽しいから!!本当に!!めっちゃくちゃ楽しいから!!騙されたと思って23日!!ぜひ!!!!ローチケですぐ買えますんで…!!しかも!上で紹介したメンバー紹介の画像は!!ライブ後の特典会で撮った写真なので!!!!!この顔面偏差値のメンバーがカメラロールに収まるばかりかその後握手と話もできちゃうっていうね…!ぜひ!ぜーーーひーーーー!!!!!!

l-tike.com

おまけ:動いてる研究生が見たいよー!というあなたへ。

最近公式ツイッターでメンバーが頑張ってるのでワチャワチャしてる動画をいくつか!お気に入りありましたらフォローお願いします♡(回し者)

※Tik Tokは先輩グループボイメンの田村さんが撮ってくれました!


和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生 / 愛を頑張って

※唯一のPV!!


「ゴリゴリ☆サバンナロード」合いの手レクチャー!


「ロックスター番長」合いの手レクチャー!


「RUN&GUuuuuN!」合いの手レクチャー!

※ライブ来てくれる人は必見ーーー!!!!!!!

ボイメン研究生の米谷くんはいいぞ。(2018年10月アップデートver.)

2016年12月の私へ。

きっとね、今の私を知ったら死ぬ程びっくりすると思うんだけど、落ち着いて聞いてね…。あなた、今とぜんぜん違う場所に住んで、今の仕事と全く違う仕事しながら新しい仕事に向けて準備してて、ボイメン研究生の米谷くんのライブ観るために、毎月のように名古屋行ってるから…。名古屋駅のことも、名古屋駅近くの映画館のことも、なんなら感覚が麻痺しすぎて、違うアーティストのライブも軽率に名古屋のチケット抑えてるから…。え、今の私…?決まってるじゃん、2016年よりも超幸せ…。

 

進化する、深化する、米谷くんから目が離せない…!

2016年11月に初めてボイメン研究性を見て以来、人間界のヒトメボレこと米谷恭輔くんにヒトメボレしてそろそろ2年。なんとスポライ2018で応援2周年を迎えるのですよー(という事実をお友達が教えてくれて、急いでチケット確保したのは内緒の話)。そんなわけで勝手にまた米谷くんのダイマブログを書こうかな、と。思い至った次第でございます。

ちなみに初めて米谷くんについて書いたエントリがこちら。 

 2周年記念には勝手にプレゼン第4弾書きたいな…。

 

 

 

米谷くんについてプレゼンしたエントリ達。……我ながらトチ狂ってんなwww 

 

米谷くんの歌はいいぞ。

米谷くんの歌を一度でいいから聴いて欲しい。ほんっっっっとにキレイな声で、嬉しそうに幸せそうに歌う米谷くんは、本当に美しくカッコいい。6人体制になったボイメン研究生(BMK)の中で歌を引っ張る米谷くんの歌唱力、今年に入ってからその実力をますます高めているように感じます。私は全部のライブを見れてる訳じゃないんですが、5月の愛を頑張ってのリリイベ、怒涛の3ヶ月間を過ごす中で、いつ喉がぶっ壊れてもおかしくない状況で、ゴリゴリ歌唱力を上げていく米谷くん。ちょっと凄まじいものがありました。

一人のオタクとしての意見でしか無いから話半分で聞いてほしいんですけど、米谷くん、マジで歌唱力が更にパワーアップしてると思うんですよ…。声が高めの米谷くん、高めの音の安定感は元々あったと思うんですけど、今年に入って、低音も、高音から低音に下がる難しいパートもめちゃくちゃ安定するようになったと思うんですよねー!!ひぃぃぃぃカッコいいーーーー!!!!!!

ソロライブに「歌で魅せます」って書いちゃうくらいだから本当に歌が好きなんだろうし自信あるんだと思うんですけど、それがちゃんと形になって、進化してるのが本当にすごいなーと思っております。気分が乗った時に見せるアレンジとか本当毎回オタクの死亡が多数見受けられているのでどんどんぶちかまして欲しい…!

ここまで読んで米谷くんの歌が気になってきたそこのあなた!さぁここで一曲…!って言いたいのになー!ダイマできる動画とかないんだよなーーー!!!!悔しいなーーーーー!!!!!一回!ライブ来て!!!!ライブ来たらわかるから…!!!!!!!!!!

f:id:moatjiang88:20181025230058j:image

ゴリゴリ黒ロック(とは)の米谷くん。

 

 

米谷くんの踊りはいいぞ。

あ、これはダイマできる!


和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生 / 愛を頑張って

アッコ姉さんとコラボしたシングル!アッコさんの左で踊る紫色のイケメンが米谷くんです!この曲みたいなポップな振り付けはもちろんなんですけど、米谷くんのダンスで注目して欲しいのは手!手がめちゃくちゃキレイなの!!!!神は細部に宿るっていうけど、米谷くんのダンスはまさにそれ。指の先まで動きがキレイで、表情豊かなんですよーーー。BMKにはアクロバットで魅せる曲がありまして、ALIVEとかダイヤモンドファイターっていう曲の米谷くんの手の動きは本当に美しいのですよ…。見て欲しいなぁ…。

f:id:moatjiang88:20181025230159j:image

いやこういうことじゃないっていうのはわかってんだけどw

 

米谷くんのトークはいいぞ。

歌よし踊りよしの米谷くんはトークの回しも抜群。BMKのライブは贔屓目なしにパフォーマンスもトークも最高に面白いって自信を持って言えるんですけど、それは米谷くんの回しの影響も大きいと思っています。米谷くんは、誰も傷つけない。後輩と絡む時も後輩だからってオラつかないし、誰か一人を落とし込むような笑いも作らない。米谷くんの優しさが本当に出てて見てていつも楽しい。そしてそんな米谷くんを翻弄するかのように自由に暴れまわる5人のメンバーも超面白いし、翻弄されながらワタワタしてる米谷くんも超可愛くて楽しいです。そんな米谷くんのトークが気になったそこのあなた、ぜひともCBCラジオのワンチャンマイク、聴いてみてください。木曜日の21時から40分。米谷くん、せつらくん、聡太くんのトリオがわちゃわちゃやってる40分、めちゃくちゃ面白いです。

個人的には一生懸命悪い声を出そうとしてる聡太くんに対して「朝飯爆竹食ってきたんか?」っていうパンチラインかましたのがベスト米谷くん暫定一位です。

2018年10月25日(木)21:00~21:40 | ワンチャンマイク | CBCラジオ | radiko.jp

 

 

米谷くんの夢を叶える力はいいぞ。

まだ米谷くんを応援して2年も経ってない私が言うのもなんですけど、米谷くんの一歩一歩着実に夢を叶える姿を見れるのはめちゃくちゃ幸せなことだなって思います。

米谷くんにはいろいろ目標があるんですけど、その一つに「ラジオパーソナリティになりたい」っていう目標があって。

前の段落でも少し触れたワンチャンマイクというラジオ番組、これ、実はオーディションで勝ち抜いた3組がレギュラーになれるっていうコンセプトで、オーディションでレギュラー勝ち取ってるんですよね。しかも、私後で気づいたんですけど、以前兄貴分であるボイメンのラジオにゲストで出てた時、米谷くんに向かって「お前、ワンチャンマイク落ちたんだから」って言われてるくだりがありまして。それがちょうど一年前のことだったから、去年もトライしてたんだって。ボイメングループの合言葉は『諦めなければ夢は必ず叶う』なんですけど、まさにそれを体現してるなーって思うんです。

米谷くんは悔しいこととか、悲しいこととかを前に出す人ではないのですけど、きっと裏ではそういう思いもたくさんしてるんだろうなって思うし、でもそんなことも全部ひっくるめて次に活かしてる感じ、凄い応援してて嬉しいんですよねーーー。はーーー本当凄いなーーー、米谷くん。背中で魅せちゃう感じ?はーーーー天才。

f:id:moatjiang88:20181025230454j:image

 

名古屋に行こうよ。ナゴドもあるよ。

そんな訳でずぶずぶと米谷くんの沼にハマりきった2年間。超ーーーー楽しい。超ーーーー幸せ。今は名古屋でのイベントが多いんですけど、ぜひチャレンジしてみて欲しい、名古屋チャレンジ。後悔はさせないよ。

今は名古屋のボイメンファミリー専用スタジオで定期的にライブやったり、6人がいろんな組み合わせで実施する変則ライブもやってます。こないだの米谷くんとせつらくんの二人ライブは踊りより歌に重点を置いたライブとかもやってるので、すっごい楽しいのでぜひぜひ!

来年の1月には兄貴分のボイメンがナゴヤドームでライブをするんですが、BMKも超絶応援しております故、お年玉とか前借りして(そんなことできるんだっけ)ぜひお越しくださいませ!(とかいって私もチケット抑えたの昨日なんですけどもw)

元々才能溢れる顔面偏差値トップクラスの米谷くん、まだまだガンガンズダンダンと進化中なんで、ぜひぜひぜひぜひ一度でいいから見てみてくださいませ。

f:id:moatjiang88:20181025230506j:image

 

え?今…?私すごい幸せです…。

なごや万華鏡落語「あさきゆめみし」を観ました(2018年版を観ました)

どうしてここにいるんだ。

それは推しがなごや万華鏡落語に出演しているからだよ。ということでこんばんは。今日も今日とて、推しのパフォーマンスが限界突破してて頭がパニック状態です。冒頭の見出しは2018年版『あさきゆめみし』の最初の台詞。今日は(といっても昨日だけど)、観てきたばかりのなごや万華鏡落語の感想を残しておきたいと思って眠気とカスレベルの記憶力と戦いながら書きたいと思います。

いろんな見方があると思いますが、『表現したものは受け手が受け取った瞬間、解釈は受け手の手に渡る(ニュアンス)』という東京ポッド許可局のポリシーに則って好き勝手に書きます。なぜって、超絶面白かったから。来年もぜひやって欲しいから。今年はDVD化もされないとのこと、なおのこと、何を感じたのか、拙い文章力と思考力だったとしても、残しておきたいと思います。

きっと捉え方もたくさんあると思うから、「いやお前全然見る目ねぇなこうでしょ」みたいなことも含めて感想聞きたくなりますよね。結構ダラダラ書いてるけど自信ないとこもいっぱいありますしw

 

moatjiang88.hatenablog.com

ちなみに2017年版の感想はこちら。

 

あさきゆめみし、完結編。

って、脚本を書かれている鹿目さんが仰ってました。三部作の主な登場人物の構成はこちら。

 

2016年 … 兄弟(勇翔さん、頼我くん)

2017年 … 親子(勇翔さん、平松さん、せつらくん)

2018年 … 幼馴染(せつらくん、米谷くん)

 

2016年版を観ていないので3部作の共通点ではないかもしれないのですが、おそらく、あさきゆめみしの歌の世界観と、各年のモチーフにしている落語が出てくるのは共通なのかな…。あさきゆめみしの歌の世界観は、『生と死の境界線』『喪失を経ての生への執着』みたいな感じなのかなぁと思ってるんですけど、今年もそこら辺の描写に心臓掴まれて感情グワングワンに揺さぶられて帰ってきました…。

 

せつらくん、米谷くんの掛け合いの凄まじさよ。

まずはここ触れないとと思ってるんですけど、2人の息の合い方が本当に素晴らしかったの…。せつらくんは2017年版も見てるので演技できるの知ってたけど、米谷くんの長い芝居を見るのは初めてで、どどどどんな演技するんだろうって正直結構緊張していたりした訳なんですけども。最初の

「どうしてここにいるんだ」から2人同時に言う「死んでる。」

までのくだりで私の心配なんて杞憂なんだと確信しました。この掛け合いの後、幼馴染ってわかるんですけど、凄まじい幼馴染感!(語彙力がどっかいった)BMKでの切磋琢磨がこんな形で昇華されて表現されるなんて…!と勝手に妄想して感動しましたよね…。

っていうかね、この舞台に出てくる2人以外のBMKメンバーの演技も本当に最高なんですよ。基本二人芝居だから、出演時間は少ないし台詞もほとんどないんだけど、メンバーが出てくる瞬間のせつらくん、米谷くんでは担えない部分を120%で補う感が凄くて、せつらくんが夜の部の後に「BMKのメンバーに支えられた」って言ってたのは本当にそうなんだろうなぁと思ったんですよね。いや、二人芝居だから担えない部分があるのは当然なんだと思うんですけど、それを4人がちゃんと補える力があるっていうのが凄いな…って。それぞれのメンバーがそれぞれのメンバーの持ってるものを理解して、表現する。でもって普段活動を共にしてない鹿目さんの采配の凄さよね…プロって凄い…。

 

見事に死にきったのに、死んだという自覚がなかったのはなぜか。

もうここからは気になった部分の自分の解釈と感想だけ書きます。記録にも記憶にも残しておきたい部分、書いておくから忘れないでくれ未来の自分…!なるだけちゃんと書いとけ今の自分…!

 

この話には「自覚する」「自覚しない(できない)」という描写が何度も出てきます。せつらくん演じる与太郎は、今、自分が立っている場所がどこなのか、自覚できていません。反対に、米谷くん演じる権助は「自覚している」。何かを。その差がこの物語のポイントでもあり、その差が埋まれば埋まる程、悲しい事実も浮かび上がってくることになります…。

与太郎は、権助を自分から誘った遊びにより亡くしてしまったという後悔から、自ら川に飛び込むという行動をするんですが、行動をした後、なぜそれをしたのか、そしてそれによって自分がどうして三途の川にいたのか、自覚がなくなっちゃうんですね。五感がないことが、彼の物理的な存在の薄さを表しているのかなと思うと、舞台装置少なくてもそれを表現できる手段にも見えて、これ思いついた鹿目さん凄いなぁと思ったり(そりゃそうか)。

 

この世(現世)ではあんなに後悔した与太郎が、なぜあの世では何も覚えてないのか。私は結構ここにモヤモヤしてたんですけど、ラスト、権助が言う「お前は『俺は俺の後悔と共に沈みたい』と思った」という所でしっくりきました。与太郎は沈んで、おそらく権助と同じように苦しんで死にきった時に「後悔と共に死んだ」のだ、と。だから一度、与太郎的には全てをリセットしたんじゃないかと思いました。でも、権助はそれを望んでなかった。だって、そうしたら「与太郎と生きてきた俺も死んで(消えて)しまうから」。権助は終始、与太郎の願いを叶える為に行動しますが、ここでようやく自分の想いが爆発します。「なくさないでくれ。思い出も俺もなかったことにしないでくれ。」と。

ずーーーーっと無邪気に見守ってきた権助の悲痛な程のつぶやき。いつも与太郎の目を見て話す権助が命の火を見ながらあのつぶやきに涙した方も多かったのではないでしょうか…(とかいいながら今自分が涙目になってるw)

与太郎が生きるということは、権助の思い出までは消えない(死なない)ということに繋がるということで、権助は自分の為に死のうとした与太郎に、自分の為に生きてくれ、と伝えます。そして、もう一度起きる別れ。

…もうさーーー!!!!!モチーフになってる(はずの)落語の死神は背中押すって描写あったっけな?とか思ってたらさーー!!!そうか、ここでそれが活きてくんのかーーー!!!!と思ったら余計泣けたよねーーー!!!!!生きるもの(与太郎)が、死ぬもの(権助)の背中を押す、でも実際に背中を押されているのは生きるものっていう…!!!で、この後の二人のやり取りですよ。

 

「後悔を捨てて、航海に出るんだ」

「なんだよそのダジャレ」

「忘れたのか!いつも二人でダジャレ言ってただろう!」

「そうだった!権助!」

 

これ、思い出したっていうよりも、権助与太郎に対してのコミュニケーションのリミッターを外した瞬間でもあったように感じて、それにすごい泣けました…。そう考えると、ラスト直前まで権助って基本与太郎の話したことを言葉のまま受け取ることしかしてないんですよね…。だから最初のどうしてここにいるんだはすれ違うし、それが権助与太郎の「後悔を消したい」という願望に理解を示しつつ、それでも諦められないから側にいてコミュニケーション取り続けるっていうことにも思えて…えっなんて健気なの権助…!そしてそれが最後の別れでリミッターが権助の言葉によって外されるっていう…!ひぃぃぃぃぃぃ(混乱)。

 

ちなみに、夜の部では、その選択を「よかったんだろうか」と悩む与太郎に対して、権助が言う台詞。

「よかったんだよ。死んだのは俺だけど、お前も死んだんだ。で、記憶の水の中でふたりとも生き続ける。聞こえないだろうけど、そう言っとくよ。」

お前も死んだんだ、ってちょっとどういう意味なんだろうって思ってたんですけど、10歳のあの時、と入れると自分的にはちょっと整理できました。

10歳のあの時、死んだのは俺だけど、お前も死んだんだ。でも、お前が生きてくれることで、これまでの人生も、これからの人生も、記憶の水の中でふたりとも生き続ける。

こんな感じかなぁと。だから俺は(権助は)お前が(与太郎が)生きてくれることで、死んでるけど、生きていけるんだ、と。権助、全然考えてないフリして、与太郎がちゃんと生きる意味を与えてるじゃん…。難しく考えちゃう与太郎用に、ちゃんと生きる意味を言葉でも理解できるように…。だから聞こえなくてもよかったんだね…10歳の時と違って、ちゃんと別れと生きていく意味を与太郎がロジック組み立てられるように道筋立ってるもんね…。うぅぅぅ。権助…。めっちゃいいやつじゃん…(嗚咽)

 

とにかく、推しが凄まじかった…

せつらくんの演技の巧さは2017年版を見て知ってたんですが、米谷くんの演技の巧さに慄きました…!ホワタイは見てたけど、そんなに多くの時間ではなかったし、私が観に行った回はたまたまゴリゴリアドリブの回だったので…w

まず、声が通る。

前半の、近くにいるのにまだ心の距離が遠いタイミングも、心の距離は近くなったけど、物理的に遠くなるタイミングも、米谷くんの声の美しさと通りっぷりがまーーーー映える映える。

あと、本物の権助は10歳で成長が止まっているので、いつもの米谷くんの声よりも終始若くて無邪気な感じ。

伏線が回収された時にだからかーーー!!!!ってわかるっていう。もちろんこれは普段の米谷くんの声を知ってるからっていうのもあるかもしれないんですけども…。でもあの声の表情は素晴らしかったと思うんですよね…。歌上手いってこういう所にも活きてくるんか…と推しの可能性に末恐ろしささえ感じた一日でした…。

 

インプットの嵐でマジで疲れた…

このエントリではあさきゆめみしの感想しか書けてないんですけど、BMKのそーたくんが一人で演じながら落語をする演落語、三味線演奏、寄席、談義(おもてなし武将隊の歴史講座)と、濃密過ぎるインプットの嵐でした…。でもこの超絶脳みそが疲れる感じ、凄く心地よい疲れでもあります。一年に一度、こんなに日本の伝統文化に触れる日があってもいいと思うし、なにより名古屋能楽堂という素晴らしい舞台に一日いられる幸せったらないですよね…。来年もぜひやって欲しいなー。そしてあわよくば来年も推しの活躍が見れたらいうことない。

こんな素敵な舞台につれてきてくれて、推しグループ及び推しには感謝しかないです。本当に幸せな一日でした。あざしたーーー!!!!!

 

f:id:moatjiang88:20180930014018j:image

なごや万華鏡落語「あさきゆめみし」の予習しました(2017年版を観ました)

これはすごいもんをみた。

それでもうこのエントリ終わりにしていいんじゃないかっていうくらい、もうこれが言いたいだけなんですけども、観ました。なごや万華鏡落語の2017年版。2017年版といっているのは、今年もなごや万華鏡落語が開催されるので、今回私がエントリで書くのは2017年版であることを最初に書いておきますね、きっと2018年版のことも書くんだろうし。

ちなみに2018年版のなごや万華鏡落語は9月29日(土)に開催されます。まだチケットありますので興味ある方はお早めにどうぞ!

なごや万華鏡落語 | 東海テレビ

f:id:moatjiang88:20180904154614j:image

このキービジュアルやばくないですか…この美しい一枚が世界に存在してるだけで幸せなのに、この2人の舞台が見れるとか…私徳積んだな…(積んでない)

まず舞台となる名古屋能楽堂が素晴らしい。

能楽堂っていうくらいなんで、能や狂言などが開催される舞台で上演されるんですけどね。この舞台がまーーーー素晴らしい。

www.castle.co.jp

周辺ホテルのサイトなんですけど、開くと超キレイな名古屋能楽堂が見れます。ここでやるんですよー。凄いーー。

しかも、演劇、演落語、談義(って公式サイトに書いてあるんだけどトークショーってことでいいの…?)が観れるんですねー。凄い。…え?凄い。(※演劇と演落語はチケット別です)

 

2017年「あさきゆめみし」を観た。

いつもながら前置き長くて申し訳ないんですけども、ようやっと本題に入ります。ここからガンガンネタバレするんで、2017年版のDVDネタバレなしで観たい方はここで回れ右してください。

……

………

大丈夫ですか、回れ右しましたね?じゃあ好き勝手書きまーす。

 

勇翔さん、平松さん、せつらくんの3人の会話劇。

なごや万華鏡落語「あさきゆめみし」は、上記に書いた素晴らしい舞台の上で3人が上下黒の和装っぽい衣装をまとって繰り広げる会話劇です。

 舞台転換ほぼなし、小道具も最小限。とりあえずラーメンズ好きな人は絶対好きだと思う。勇翔さん以外の2人は演技を観るのも初めてだったんですけど、3人とも演技上手。せつらくんは先輩の胸借りて全力で向かっていく感じ(これがまたこの物語の重要なパートも握っているのでそれも相まって素晴らしい)、一期生2人の優しく見守りながら、他の役を演じる瞬間の切り替えが素晴らしくて、ものすごい化学反応してるのが嬉しい。

 

俺は誰だ、僕は誰だ。

「お前を手に入れたい、そうすれば俺は俺になれる」(セリフはニュアンス)。

目隠しをした一人の男性(かぐやという名前であることが途中でわかる。演じているのはせつらくん)が捕まえようとしている「この世のものではない誰か」。視力を失うことで感じられる「この世のものではない誰か」。それは誰なのか。

感性を失う、感性を手に入れる、ということ、そして男性は誰なのか、その男性を取り巻く2人(うつろとなでしこという名前だったと思う)は誰なのかということが物語の軸になって進んでいくのですが、この元々あった感性を失い、もう一度手に入れる、というプロセスが人の成長と、死を感じる、受け入れる、そして生きるというテーマに繋がって、その過程が素晴らしかったです。

まさに「あさきゆめみし」のいろは歌とリンクしているんだなーと。そんなに詳しくないんですけど、最後にかぐやがまさに「あさきゆめみし」の歌のように生きることを選ぶんですよね(結末が昼と夜で変わるのでDVDで観た限りなんですけど)。

あさきゆめみし ゑひもせす」は、まぁいろいろな訳説はあるとして、儚い夢を見ず酒に酔うこともなく生きていく、という感じ(まぁこの前にある「花はいつか散るけれど」の辺りとかもかかってくる気がするけど割愛)、「死のうとしたけど、2人との出会い(感性を取り戻していく過程)で再び現世で生きることを選ぶ」というかぐやのイメージにピッタリで。この舞台には特に事前情報としてあらすじなどを知ることができないだけに、終わった後に「あさきゆめみし」の意味が更に深く入ってくる感じがしました。

 

視野を失い、視野を取り戻すという意味。

かぐやが最初に視野を自ら塞いでいる所から始まる舞台の終わり、最後にかぐやの周りにいる2人が言うセリフが本当に凄いんですよ。

「見ていることだけは出来る…もう少しだけ見ていよう」(セリフはニュアンス)。

かぐやのことをなぜうつろとなでしこの2人が見ているのか、なぜ「見ていることだけ許されるのか」。このシーンが「死を理解すること、生きるを選択すること」の総まとめになっていて、うつろとなでしこの優しい眼差しで号泣ですね。勇翔さんと平松さん、凄い。そしてこのシーンに行き着くまでの過程を遡ると、冒頭のうつろとなでしこの狂気も含んだ演技も理解できます。狂気じみてしまう程、必死なんですよね。かぐやに生きることを伝える為に。かぐやが死にたくないと感じて、感性を取り戻して、自分が選択しようとした行動を見つめて、生きることを選ぶ。この過程にはうつろとなでしこの説得が入ってはいけなかったんだと思います。あくまでも自分の言葉で、自分の行動で、それを選ぶ必要があった。なぜなら「彼は一人になってしまうから」。一人になることを受け入れて、それでも生きることを選んで欲しい。そのうつろとなでしこの想いが最後の最後に全部線になる。全ての感性を失ったかぐやが微かに持っている情報が全て自分を愛してくれていた証拠で、その証拠を確かめながら生きることを選ぶかぐや…ヤバい書きながら泣きそう…。

 

一日二回公演はなごや万華鏡落語の見方として最高だと思う。

前の段落で説明したように、最後の最後で意味がわかって「もう一回観たい…!」って思ったら夜公演もある!!っていう奇跡。信じられます?なにその奇跡。観るしかないじゃん。

でも冗談抜きで、一回目のラストのラストで全部繋がった状態で、もう一回最初から観れるっていうのは本当に有意義だと思いました。私は推しが出るんで何も考えずに昼夜公演抑えましたけど、おそらく推しが出てなかったとしても、舞台の完成度を実感するという意味で、昼夜観るっていうのがいいんだろうなぁと。

しかも、ただ時間が空くんじゃなくて、落語と演落語という文化のサンドイッチですよ。絶対に面白いけど頭パンクしそうでしゃーない。でもそんな文化にまみれる一日があったっていいじゃないっていうか幸せじゃない。

 

え、これに推しが出るの…?

2017年版は、演劇に勇翔さん、平松さん、せつらくん、演落語にそーたくんが出演しておりまして。2018年版はこの演劇に推しの米谷くんが出演するんですよ!!!!!!!ひゃーーーー!!!!!せつらくんとの二人舞台ってすごいよね…(たくみんも特別出演ってことだけどどこに出るのかなー)。あの舞台で、2人の演劇を一日二回も観れるってどんだけ幸せなことだろうか…。最初、2017年版のDVD買ったのはいいものの、当日まで見ようか見ないで行くか超悩んでたんですけど、結論見てよかった。こんな素敵な舞台に立つ米谷くんを、こんな素晴らしい演劇に(物語自体は新作なので違うものだとしても)出演する米谷くんを想像するだけでワクワクします。幸せだなぁ…2018年。

 

という訳で、2017年版で2018年版の予習をしたよ!というエントリでした。すいません感想は一個人の思考ダダ漏れ文章力ゼロのものでしかないので、気になった方はDVD観てください。そーたくんの演落語もそーたくんの魅力全開です。あれはそーたくんにしかできない寿限無だわ…今年も楽しみ…!

ちょっとでも興味持った方はぜひに。DVD発売の予定もないらしいので、生で観て感想戦しましょう。

なごや万華鏡落語 | 東海テレビ

 

(2018/09/04 21:43追記)かぐやって名前、かぐや姫のかぐやから来てるんでは…?!とお風呂に入りながら思いました。かぐや姫って「喪失と死」の象徴って説があって、あさきゆめみしのかぐやもそれをなぞってるのでは…?と。罪を犯して地球に(下界に)降ろされるかぐや姫、そして地球に失望して月に還る(これを死と見る考察があったはず)、それが「あさきゆめみし」のかぐやが罪を犯して(死を選ぼうとして)、あの世にいって再度地球に還っていく…でもかぐや姫との違いは、「喪失」じゃなくて「希望」だったってことですよね。ということはうつろとなでしこにも意味があるのでは…?!と思ったんですが思いつきません。どなたか気づいた方いらっしゃったら教えてくださいー。

あなたが発売日まであと9日って言ったから、8月30日はランガン記念日。

もう一年、まだ一年。

ただただ、書きたいだけなんで、タイトルだけ読んで回れ右してもらっても大丈夫ですwほんと、ただただ、書きたいだけなんで。

 

今日は6人体制初シングルRUN&GUuuuuN!の発売日。

今、何にビックリしたって「らん」って入れたら「RUN&GUuuuuN!」って出てきたことですよね。そうだった、去年辞書登録したんだっけ。ランガンって書いてたから出番少ないけど、そういう自分嫌いじゃないよ。

話が脱線しすぎて帰ってこれないかと思いましたけど、そう、去年の今日はRUN&GUuuuuN!の発売日。エントリタイトルにも書きましたけど21日の渋谷単独で発表になったんですよね、RUN&GUuuuuN!っていう曲が発売日になるってことと、発売日が30日ってことが。新曲出ます!で号泣してたら「発売日は8月30日です!」って言うもんだから「うぇぇぇ…え…?いつって言った…?」みたいに冷静になった瞬間があったのも今では良い思い出w

3月に新生BMKになって、この先どうなるのかなぁって不安な時期を経て、新曲が出るんだ!ってちょうど不安と期待の損益分岐点だったのが、私はRUN&GUuuuuN!だと思っていて。8月20日音霊、21日の渋谷単独っていうメンバーも口を揃えていう2日間と、このRUN&GUuuuuN!発売日が重なったっていうのが理由なんですが、もうこれ以上ないくらい一年前のBMKに与えられるべき、出会うべき一曲だったよなぁって思ってます、個人的に。

CD発売日があまりに嬉しくて勝手にライナーノーツのエントリ書いてるんですけどw、

moatjiang88.hatenablog.com

 あぁ、この6人でCDが出るんだー!っていう気持ちとか、ちゃんとこの6人のBMKが形として残されたっていうのが本当に嬉しくて。

私は米谷くん推しなんですけど、この6人の形が大好きなんだなぁとRUN&GUuuuuN!を聴くといつも思います。この6人はおそらくBMKの門を叩く未来のBMK全ての人のテーマソングになるんだろうなと思うんですけど、やっぱり13人時代からのあの時期を(※もう毎回恨みがましく書いてるんで割愛しますけどw)乗り越えたこの6人がRUN&GUuuuuN!を歌う意味というか、この6人がRUN&GUuuuuN!のジャケットにいることに、私は凄く意味があるって思ってるし、実は前のメンバーカラーのジャケットはこれがラストでもあるから、トウキョウがあったこととか、13人時代の名残とか、偶然かもしれないけどそういう歴史を背負った一枚になってるんだよなぁって思っています。

8月24日のBMK夏の十番勝負の其の十のラスト、彼らが口々にこの夏はこの十番勝負にかけてるって言ってたそのラストに、RUN&GUuuuuN!を歌ってくれたから、もうそれはそれは嬉しくて、明るい歌なのに泣くのを堪えるのが大変でした。(※たまたま端っこで観てたらハイタからステージに戻るたくみんの導線を塞いでしまい、ワンコーラス隣で踊らせてしまったのはまた別の話w)

ライナーノーツにも書いたんですけど、おそらくBMKは可変的なグループで(現にエリア選抜を含めた10人体制でCDも出している訳なので)、この6人をずっと観ていたいというのは叶わないことなのかもなーとは思いつつ、でもだからこそ今この6人が応援できていることを大切にしたいなーとも思ったりもしているランガン2年目の夏です(ランガン2年目の夏ってなに)。

とにかく、RUN&GUuuuuN!発売日おめでとうございます。もうグダグダになってきちゃったんで一年前を振り返ってるそーたくんの激エモなツイート置いてこのエントリを締めたいと思います。

 そーたくん最高かよ。(あ、気になった方は公式Twitterのフォローもオネシャス♡)

オタクドラフト会議のススメ。

楽しすぎて記憶飛ばすから気をつけて。

いや、これは私が調子に乗って飲みすぎただけです。気づいたら朝だった、マジで。そして途中から記憶が全くない。ただ、熱く語り、引く程共感して頷いてたらしい。人は楽しすぎて記憶を飛ばすので気をつけて(クズ)。

7月28日(土)は「愛を頑張って」のプレミア特典会(トンチキ特典会)ということで、名古屋のセントレア空港に。遠征オタクになってから、ずっとやってみたかったんです、大好きなオタクと一緒にお泊り会するの。その夢が週末に叶いました。民泊でめっちゃキレイなマンション一室借り切って、ご飯代入れても一人6,000円とかで行けるからマジでオススメです。

f:id:moatjiang88:20180730100210j:plain

(↑これぞオタクの集合知

で、いくつか企画はあったんですけど、今回の目玉はなんといっても「ドラフト会議」。フォーチュンのメンバーでグループを作る、それもドラフトで。なぜか会う前から謎の「負けたくない」モードでバッチバチになってたんですけど、殴り合いとかじゃなくて自分のこだわりポイント(性癖ともいう)を武器に言葉の殴り合いですよ。フリースタイルダンジョンもビックリ。で、これが余りに楽しかったからみなさんも是非やってみて欲しい。なんなら大々的にどっか貸し切って大会しよう。フォーチュンオタクドラフト大会(謎)。

推しを取るか、コンセプトを取るか、それが問題だ。

みなさんにもぜひやって欲しいので、まずは今回私達が決めたルールを書いておきますね。

  • 5人組のグループを作るのがルール(なのでドラフトは5位指名まで)
  • 同じグループ(エリア)で過半数を越えてはダメ(BMKから3人とかはルール違反)
  • 一期生はなし(誰が入っても強すぎてジョーカーみたいになっちゃうから)
  • 指名が重なった場合はくじ引きで抽選(これはドラフトと一緒)
  • 5位指名まで終わった時点で、コンセプトと歌って欲しい曲をプレゼン

こんな感じです!どのオタクで集まるかによってこの構成は変えてもいいと思いますし、何人組をつくるかというのもいろいろ試してみてもいいかもと思います。既存グループを他のメンバーでやるとしたら…?とか。

で、ようやっと見出しに戻りますが、一位指名誰にするかって凄い難しいんですね。今年からドラフト会議の見る目変わる気がします(単純)。獲りたいけど、どこで獲るか、っていうか次って思ってて一位指名されちゃったらどうする…?え、そしたら推しとかじゃなくてコンセプトの中心人物を選ぶ…?みたいな思考ループwithアルコールなんなもんで思考がぐるぐる廻る回る。正直、凄いドキドキする。本当にグループ作る訳じゃないのに死ぬ程緊張感が走る。楽しい…!!!!

 

f:id:moatjiang88:20180730100214j:plain

これが選手一覧。これ一緒にお泊りしたお友達が作ってくれたんですけど、ちゃんと選んだメンバーをビジュアルとして手元におけることで、フォーメーションを可視化できたりして更に楽しくなること間違いなしなので、ぜひご準備ください。

 

で、一位指名がこちら。

f:id:moatjiang88:20180730100224j:plain

推しの取り合いになるかと思いきや意外とならない!!!!!!!!!ガチ!!!!!みんなガチ!!!!!!!!!!

いやでも推しを敢えて一位指名にするっていう勇気も讃えて欲しい!絶対「あーーーーー」って言われることへの覚悟とか!!!!!!!そういう戦いもあるんだから!!!(謎の言い訳)

 

まぁでも思った訳です、「みんな勝ちにきてる」と。いや、勝敗基準なんて誰も決めてないし、なんなら誰一人どうしたら勝つのかわかってないんですよ。でもみんな思ったはず「みんな勝ちにきてる、負けたくない…!」と。あれはなんなんだろう。自分のこだわり(性癖ともいう)との戦い…?とにかく自分の中の闘争本能に火がつくあの感じ、最高にプライスレス。

 

くじ引きで重なったら抽選って書きましたけど、全部で抽選は4戦やって、そのうち私は3戦参戦する羽目になり、しかも3戦共負けるっていう。どんだけ運がないんだよ!!!!!しかも相手は全部米谷くん推し!!!!なんだよ一心同体かよ!!!!!(好き)

 

f:id:moatjiang88:20180730100624j:plain

f:id:moatjiang88:20180730100635j:plain

…まぁ楽しいんですとにかく。発表する度「おぉぉぉぉぉ」とか「そうきたかー!!」みたいな声が上がる。オタクだからみんなガヤが本当に上手。オタクって楽しい。

我らが考えた最強最高の5人組はこれだっ!!!

という訳で、結果がこちら。

(字が死ぬ程汚いのは許して欲しい) 

f:id:moatjiang88:20180730100221j:plain

その場にいる同士だからこそ言えることもあったりするので、抜粋ですが、それでも超面白いですよね。

 

完成した5人組をダイジェストでお送りします。本当個性出ますね。本当楽しい(何回言うんだ)。

f:id:moatjiang88:20180730100230j:plain

  • ハロプロのミニモニのフォーチュンver.『ミニボイ』。プロデューサーはこのコンセプトをメンバーに飲み込んでもらうのが最初で最後の大仕事。そーたくんがセンター。れいやくんがMC。たかくんがダンスリーダー。歌って欲しい一曲は『バリヤン』。ミニボイでバリヤン超渋い。

 

f:id:moatjiang88:20180730100302j:plain

  • とにかくLIVEが楽しくなる煽り部隊で構成、政宗くんセンター。そーたくんも入れたかったがそーたくんミニボイ一位指名で取れず(ドラフトの醍醐味)、メンバー構成変更。みっちーがボケ、みかちゃんが回収。煽り強めなので政宗くんスマイルとたけるくんの優しさ結構重要。歌って欲しい一曲は『バッシャーン』。

 

f:id:moatjiang88:20180730100246j:plain

  • とにかく『進化理論』を歌い続ける5人組。内海くん、上田くんのシンメ、たくみくん、じゅっきーのシンメ。そして孤高のセンター石田くん。たくみくん完全にトウキョウモードのたくみくんでよろしくって感じ。もちろん歌って欲しい一曲は『進化理論』。進化理論で盛り上げて衣装を変えて進化理論。ガンガンズダンダンなチームです。

 

f:id:moatjiang88:20180730100257j:plain

  • 奏くんのセンターが見たい!というコンセプトの5人組。奏くん、とーいくんの声質の化学反応。MCは久門くん。田口くん、るいるいのシンメクールとキャピ、それはそう。祭が以前やったゴリサバのあのポップ感を、この5人組で見てみたい、それはそう。Be the windの2番Bメロの奏くん、それはそう。歌って欲しい一曲は『ゴリサバ』、それはそう。

 

f:id:moatjiang88:20180730100307j:plain

  • 米谷くんがセンター。でも立ち位置は一番後ろ。どっかで見た布陣とか言っちゃダメです、知らないふりして。米谷くんが歌でダンスの魅力を引き出す、4人のダンスで歌の魅力を引き出すコンセプトです。けんぱちゃん、國村くんのアシンメトリーなシンメ、うらぽん、まかはっぴーの可愛い対決でバッチバチにやって欲しい。この5人に歌って欲しいのは『古い日記』です。

みんなもやって、絶対楽しいからやって、そして教えて。

やってる時はもちろん楽しいけど、やった後にプレゼン聞くのも最高に楽しい。オタクの数だけ選抜があり、フォーメーションがある。そう、イコールそれは無限の可能性。もうやってる人もいるかもしれないし、これからやる人もいるかもしれないんですが、みなさんの5人組も聞いてみたい。本当ドラフト大会、開催したいです。ドラフト現場からは以上です。

あなたのボイメン研究生はどこから?〜ボイメン研究生オタクによるボイメン研究生アンケート開催!〜(③データ分析後編)

今日も元気に分析しちゃうぞっ!

おまたせしました…!(待ってなくてもいいの…言わせて…)今日はデータ分析後半戦をお届けします!過去のエントリは、 

ってな感じになっています。①は今回のアンケート主旨と皆さんから頂いた激アツメッセージ、②は基本いつからオタクになったのか、どうやって好きになったのか、今誰の推しなのか、などなどをお届けしておりますので合わせてひとつよしなに。(使い方合ってない気がする)

 

複数回答の罠(というより私の設計ミス)

なんで分析が前後編に別れたかというとですね、ひとえにローデータの整理が超大変だったいう一点に集約されるんですけども…。

今回初めてスプレッドシートで分析したんですが、複数回答のクロス集計の仕方をあまり考えぬまま設問を設計した故、クロス集計をするためには全員のデータを複数回答分増やさねばならないということに気付きましてな…!結果、374人の方のクロス集計をする為に、897行分ローデータをいじるっていうね…。ふふふ、本当仕事でもないのに何やってんのかなと思いつつ、優しいフォロワーさんのおかげで作業が進んだので、今日も元気に分析していきまーーーーす!!(空元気)

 

クラスタがどうやってボイメン研究生を知ったのか?

まずは各クラスタがどうやってボイメン研究生を知ったのか見ていきたいと思います。縦軸はボイメン研究生を知ったキッカケ、横軸が元々のクラスタを出しています。今回は複数回答なので、本来は「ジャニオタかつ特撮オタ」の人がどう出会ったかということがわからないと正確さでいうとアレがソレなんですが、なんせ素人なんでもうそこはちょっと諦めました(ドォォォォン!)。なのでなんとなくの傾向値として見て頂けたらと思います。

f:id:moatjiang88:20180615080305p:plain

色分けの意味としては、各クラスタ毎に流入経路(知ったキッカケ)の多い3つを、1位青、2位緑、3位黄色のセルにしています。

クラスタの多い順でいうと、一期生、ジャニーズ、ジャニーズ以外のアイドルが多いんですが、流入経路でいうと、一期生は一期生の出ているメディアやライブに研究生が出たのがキッカケ、ジャニーズや他のアイドルでいうと、知人やSNSの紹介から流入しているのが傾向として見えてくるのかな、と。ジャニオタ、その他のアイドルでいうと、ジャニオタは動画からの流入が少なく、その他のアイドル経由の人は3位に動画配信が食い込んでいることを見ると、各クラスタがそもそもどこから情報収集しているかということも見えてきて面白いなーと思いました。でもジャニーズも動画配信スタートしてるので、この傾向も変わってくるかもしれないですね。

 

f:id:moatjiang88:20180615093503p:plain

年齢別の流入経路を見ても一期生が道をつくって、それを元に研究生がチャンスをもらっているんだなぁということが改めてわかるデータでもあります。一期生の皆様、本当にありがとうございます…!そしてフリーアンケートで「ボイメン研究生は一期生に似てる」って言われる所もこの結果に結びついているのかもなぁと思ったりしました。なんにせよ感謝。

 

見つかり方が変わってる?(戦略変えた?)

次にボイメン研究生を知ったタイミング別の流入経路を見てみましょう。

f:id:moatjiang88:20180615092728p:plain

 これも年代毎、クラスタの多い順に青、緑、黄色でセルを塗っています。ここで興味深いのは、2017年までほぼ変わらなかった一期生、ジャニーズという順番が2018年に逆転していること。これは「愛を頑張って」のリリイベからの流入が増えていると言えるのでは?と、同時に、一期生の恩恵を受けていた状況から一歩ボイメン研究生が自分達の力で勝負しているといえるのではないか…泣ける…(嗚咽)あとは祭nine.からの流入が3位にランクインしてるのも興味深いですね…。切磋琢磨してる感じ…泣ける…(しつこい)

 

それぞれのメンバーのオタクはどこから来たのか?

次に、各メンバーのオタクがどこから来たのかをクロス集計してみました。各メンバーの流入経路の多い順に青、緑、黄色で塗っています。(横で比較しています)

f:id:moatjiang88:20180615093711p:plain

みかちゃんだけ流入経路の1位がジャニーズなんですよね…さすがBMKのスタイル担当…。あとたくみんのアニメオタだった人からの流入の多さ…なんかわかる…(笑)

 

f:id:moatjiang88:20180615094526p:plain

で、それぞれのクラスタからの流入割合を見てみると(縦で比較して色を塗っています)、せつらくんが何気にどのクラスタからも流入している平均が高いんですよね…。間口広いな、せつらくん…。あと、特撮でぐんって数値を伸ばしてるそーたくんもなんかわかる。なんか…わかるよね?(伝われ)あとけんぱちゃんもジャンルが幅広い。ロックバンドからけんぱちゃんに流れてくるのもなんか納得しちゃう…。場の作り方とか臨場感あふれるダンスとか、好きそうだもの…。

たくみんとほぼ同数の流入数を持つ米谷くんですが、米谷くんは特に一期生からの流入が多い感じでしょうか。ラジオとかもあるし、一期生から可愛がられているのもあるのかなー。

もちろん母数が少ない所もあるので一概には言えないんですが、それなりにオタクのカラーが出てると思いました。みなさんの感覚値と合ってる感じかしらどうかしら??

 

ボイメン研究生の武器ってなんだろう。

今回、アンケートを取ってみて思ったのは、

  • とにかくオタクが熱い
  • メンバー間での差が大きく開かない

ということが結構数値で出たなぁということで、この2つはボイメン研究生にとっての武器としてもいいのではないかということ(1つ目は若干手前味噌ですけどもw)。今このタイミングだからなのか、これからもそうなのかは今回のアンケートではわからないけれど、今の段階のオタクのボイメン研究生への熱さは、他のクラスタの人にも凄くいいプロモーションになりうるんじゃないかと思いました。いや本当このフリーメッセージ、どうにかして届けられないかな…と思うくらいには熱かったですもんね…本当好き。

で、もう一点は強みにも弱みにもなりうるんですけども、このみんなで並んで前に進むって、逆にやろうと思ってもなかなかできないことだよなぁと思ったりするわけです。詳細は分析編の前半を読んで頂けたらと思いますが、数値的に半数を超えちゃう、みたいなメンバーがいないんですよね。明らかなセンターや推されメンバーがいないということは、言葉選ばずに言えば「華がない」とか言われがちですけど、でも、そういう状況だからこそ、一人一人の個性が活きるんじゃないかと。そして横並びだからこそ、全員が全員を意識しやすいし、刺激も受けやすいチームになるはずです。

誰でも走れる、誰でもシュート打てる…はっ、これぞランガン…!!!!

私はランガン聴くといつも泣きそうになるんですけど、ランガンの持つ全員で行くぞ、全員で勝つぞっていうことをこれほど体現できるグループ、他にないと思うんですよね…!!

はーーーー!!!やっぱりいいなボイメン研究生!!!売れろ、引く程売れろ!!!!!!!

その為にも早くメディア戦略(YouTubeTwitter)頑張って!あと一歩頑張ってー!!!!

 

という感じで、ボイメン研究生オタクによるボイメン研究生アンケートを締めくくりたいと思いますっ!

みなさま本当に本当に本当に!!ご協力ありがとうございましたーーー!!!!!(BMKライブの締めの感じで再生オネシャス)